のんびりくらしきLIFE

九州~東京~そして現在地は倉敷。そんな彼女の目に映る倉敷とは・・・?


❼ 2015.07 梅雨、そして緑

 倉敷の梅雨は晴れの日が多いというのがはじめの印象。これまで知っていた梅雨は鉛色の空と雨、雨、雨の日々。鬱々として気も晴れない。唯一、 四年に一度のW杯が六月にあるのだけが楽しみで、夜中のテレビ観戦に合わせて日常生活を調整して、ビールを飲みながらテレビの中の緑の芝生と美しい男子を 眺めていると気が晴れたものだった。

 それが倉敷に来てからは梅雨があっさりしているせいか、去年のW杯もそれは楽しかったけど、何かが違う感じだった。きっとW杯だけじゃなくて、他 にも楽しみがあったのだろう。雨の日の用水路、紫陽花の美しいこと。田んぼに水が張られていって田植えが始まる。田んぼの張った水に雨がしとしととふるの を帰り道、じっくり見た。名前は知らないけど、主のような白い大きな鳥が田んぼを見張っている。もうずっとそこに立って一時間でも眺めていたいような風景 だった。

 そんな情緒ある梅雨もまもなく終わり、夏がやってきますね。実は私は夏が苦手。南国生まれだというのにどうしてだろう。食欲がなくなり、汗だくでぐったりとなってしまう。どうかこの夏をやり過ごせますようにと毎年思う。

 近所を散歩していると、庭先や畑を緑できれいにしている家が多くてうらやましい。次々に枯れていく我が家のベランダの夏野菜たちの中でゴーヤだけが生き残っている。初めて緑のカーテンに挑戦しているのです。ゴーヤと共に苦手な夏を生きのびよう。



★サトアンドウナギー(Classsメイト)
長年暮らした九州を出て、ただ一人倉敷へやってきたサトアンドウナギー。
何のつてもない倉敷でのんびり気ままに暮らしております。

月間くらしきクラス/TOPへ戻る