Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


つぼみのチカラ、菜の花

菜の花

つぼみのチカラ
春が近づき、菜の花のおいしい季節になってきました。実は、とても栄養豊富な野菜なのをご存知でしたか?  というのも、つぼみを食べる野菜というのは、ブロッコリーをはじめ、栄養価の高いものが多いのです。それは「つぼみには、これから花を咲かせるための栄養が詰まっているから」とされています。
菜の花には、緑黄色野菜の代名詞であるβカロテンをはじめ、ビタミンA、Cが豊富に含まれています。高い抗酸化作用があるため、体の抵抗力を高め、風邪予防に効果的です。季節の変わり目に旬の野菜を食べるということは、とても理にかなったことなんですね。他にも、アンチエイジングやがん予防など様々な効果が期待されています。
また、妊娠中の方にぜひオススメしたい食材でもあります。胎児の成長に欠かせない葉酸、骨の生成に欠かせないカルシウムやビタミンK、貧血改善に効果的な鉄分もバランスよく含まれているからです。

仕上がりが違う!ゆで方のコツ
〜塩を入れること、冷水にさらすことで色を鮮やかに〜
▶まず、ボウルに冷水を張ってスタンバイ。
鍋のお湯が沸騰したら、塩をひとつまみ。
▶先に茎をお湯につけ、10〜15秒くらい茹でます。
▶そのあと葉を入れて5〜10秒、色が変わったらすぐ冷水に上げます。
▶冷水からもすぐに引き上げ、水気を絞ります。

「菜の花」とっておきレシピ
菜の花のツナマヨ和え

材料…菜の花 1束(120gくらい)
ツナ水煮缶 1缶
マヨネーズ 大さじ1〜2
顆粒かつおだし 少々
しょうゆ 小さじ1弱
①ツナ缶の水を軽く切る
②菜の花を茹でる(ゆで方のコツ参照♪)
③2〜3cmの食べやすい長さに切る。
④菜の花とツナに、マヨネーズと顆粒だしを和え、仕上げにしょうゆを加えて混ぜたら完成!

※そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチもオススメ!ほろ苦いイメージの菜の花ですが、茎はとっても甘いんです。その違いも楽しみながら食べてみてくださいね♪

菜の花レシピ



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』