Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


みんな大好き!トマトの知っ得情報

トマト

家庭菜園トマトの魅力
そのひとつに、木で完熟したトマトを食べられるということがあります。
収穫してから完熟したトマトと比べて、機能性成分のリコピン、旨み成分の遊離グルタミン酸が多く含まれているのが嬉しいポイント。
リコピンには強い抗酸化作用があり、美容や生活習慣病の予防に効果があります。そして、遊離グルタミン酸はトマトの旨みの元。ですから、より栄養価が高く、おいしいトマトが食べられる訳です。

加熱調理がオススメ
生食することの多いトマトですが、オススメしたいのが加熱調理。というのも、トマトのリコピンは加熱して食べることで、体への吸収率が2~3倍になるからです。油分と一緒だとさらにアップします。
加えて遊離グルタミン酸は、他の旨み成分と一緒になると、相乗効果で旨みが増すんです。肉、魚、きのこなどと相性抜群。炒め物、スープ、煮込みなど、この夏は加熱調理でトマトをたっぷり召し上がってみてくださいね。

秋もおいしい
最近、トマトのおいしい季節は初夏や秋口といわれます。それは、トマトが高温多湿に弱く、また、夜に気温が下がらないと、実に蓄えるはずの栄養を自身で消費してしまうからです。これから秋のトマトにも注目ですね。

「トマト」☆とっておきレシピ
“栄養と旨みがぎゅっ”セミドライトマト
[材料]ミニトマト…1パック
(10〜15粒程度)
塩…ひとつまみ
オリーブオイル…適量

①ミニトマトを半分に切り、オーブンシートを敷いたプレートに並べる。
②塩を振って30分置き、表面の水分をキッチンペーパーで軽く拭く。
③130℃に予熱したオーブンで90分加熱する。
④オーブンから取り出してそのまま半日ほど乾燥させる。煮沸消毒したビンに入れ、オリーブオイルを流し入れて完成。

☆冷蔵庫で保存。保存の目安は1ヶ月。(オリーブオイルが固まって白くなることがありますが、常温で元に戻ります。)
☆お手軽でオススメ☆
クリームチーズ+青じそ+岩塩少々
パンにはさんでどうぞ♪

トマトメニュー



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』