TOP >  Cooking Note >  カンタン!パリパリスイートポテト

Classs's Cooking Note


カンタン!パリパリスイートポテト

【材料】

●5個分

焼き芋……100g
生クリーム……18g
無塩バター……8g
グラニュー糖……5g
卵黄……5g
シナモン……少々
ラム酒……3g
餃子の皮……大判10枚
溶かしバター(無塩)……適量
グラニュー糖(まぶし用)……適量
[つや出し仕上げ用]
全卵……適量
ナパージュ……適量



●レシピ考案・取材協力

川田 妙子(かわた たえこ)さん 
倉敷市出身。米粉料理研究家、食育インストラクター、ジャパンホームベーキングスクール準師範。製菓・製パン・和菓子・クッキングなど、倉敷市・岡山市・玉野市の各公民館や、アルブルタカキ・山陽カルチャーほか幅広く教室を開催。また高校・大学でも講師を務める。自宅教室は、希望の日時・メニューで1人からでも対応。企業の商品開発・レシピ作成などにも携わっている。「遊夢 倉敷」で検索!

〜メッセージ〜
「作る喜び・楽しみを一人でも多くの方に伝えたい。」
「食の大切さを伝えたい。」
「子供から大人まで幅広い年代の方に伝えたい。」
こんな想いをこめて、丁寧にお菓子作りをしています。

1. オーブン等で焼き芋をつくる。
指に水をつけて餃子の皮の全体を濡らし、2枚貼り合わせる。片面に溶かしバターをハケで塗り、塗った面をブリオッシュ型(※1)に添わせる。反対の面にも溶かしバターを塗り、グラニュー糖をまぶす。

2. 焼き芋を熱いうちに皮をむき、ボウルに入れてつぶす。バター・卵黄・グラニュー糖・生クリーム・シナモン・ラム酒の順に加えてそのつど混ぜる。。

3. 2を星の口金をつけた絞り袋に入れ、餃子の皮に絞り入れる。

4. 卵を塗って、180℃に熱したオーブンで12〜13分焼く。焼き終わり、冷めたら皮の部分にナパージュ(※2)を塗る。

※1 ブリオッシュ型
フランスの菓子パンの一種のこと。
成形用の型は、フリルのようなナミナミのものがおなじみですね。焼き菓子に華やかさを演出します!

※2 ナパージュ
ムースやババロアのつや出し、フルーツなどの上掛けに用いられます。見た目だけではなく乾燥からも守り、実は“製菓材料の革命!”とまでいわれた材料なのだそうです。

▼他のレシピも見てみる


アジの赤ワイン南蛮ソース

カラフル寿司ケーキ

にんじんとしょうがのパウンドケーキ

トマトとゴーヤの炒め物

プレーンスコーン 

茄子とトマトのドライカレー

ポーチドエッグサラダと季節の野菜

きのことバジルのケークサレ

連島れんこんの鶏つくね