りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2014.10 相棒はテディ

 先週スペイン旅行から帰って来ると、ドイツはすでに晩秋。ついに暖房のスイッチを入れまし た。マジョルカ島、今年も素敵でした! ただし、初日〜2日目、息子は1日8時間以上を大好きなプールと海で過ごし、彼的に今、大ブームの潜水をしては、プールの水を飲みゲホゲホを繰り返してい ました。私の嫌な予感は的中、3日目〜4日目はマーライオンのごとく嘔吐。仕方がないので、ホテル専属のドクターに診てもらうと、「あ〜、これはプールの 汚い水を飲みすぎたね。」と薬を処方され、「あまり吐くようなら、コーラ飲ませてあげて。吐き気が落ち着くから。」と言って去って行かれました。確かにこ の都市伝説、アメリカでよく耳にしましたが、さすがにお医者さんの口から聞くとは…。そこまで言うのならと思い、息子4歳にして人生初のコーラを体験。そ して、その数時間後嘔吐は止まりました。「恐るべし、コーラ。君は一体どんな成分構成をしているんだ? しかし、ありがとう!」と言わずにはいられませんでした。

 あれ以来、息子は嘔吐をすればコーラが飲めると思い、「ママ、今度はいつ僕、ゲーする?」と何度 も聞いてくるので、イラっとして、「あなたはもう、ゲーはしません!」と一喝しておきました。

 さて、話は変わり、皆さん旅行に持って行く必需品ってありますか? 我が家では、何は忘れても1つだけ絶対に持っていかなくてはならない物があります。それは、息子の相棒の「テディ」、クマのぬいぐるみです。これがないと 彼、眠れない、いや寝ないのです。このぬいぐるみは結婚当初、「誕生日のプレゼントに何が欲しい?」と主人に聞かれた私が、ドイツ人なら誰もが一つは持っ ている⁉ と言われる「シュタイフ社のテディベア」と答えたのですが、男の人ってどうしてあーなんでしょうね、シュタイフ社がどこかで抜け落ち、ただのテディベアが 届きました(笑)。

 それからしばらく、私たちの寝室に眠っていたのですが、息子が生まれて、いつの間にか彼の 「テディ」に昇格を遂げ、それからは、どこへ 行くにも息子と一緒です。海外はもちろん、近場では義理の両親の家へも、夜中目が覚めて私たちのベッドへ滑り込んで来る時もです。結構な大きさなので、小 さな息子はどこへ行ってもズルズルと床を引きずり歩き、汚れるのも尋常じゃないスピードなのです。しかし、洗濯機で洗っているのがバレると、洗濯機の前で 「テディが死んじゃう…」と毎回大号泣。空港に至っては、セキュリティーチェックにテディを通すなんて、とんでもない! とまたもやこの世の果てとばかりに泣き続けるのです。今回は、ドイツの空港職員の方が上手く息子を納得させてくれて助かりましたが…。息子にとっては、日 本からドイツに帰り不安な事もたくさんあったのだと思います。それを支えてくれたのが、相棒のテディという安定剤だったのでしょう。

 きっと遠くないいつか、息子がテディを必要としなくなり、彼が私たちの寝室の片隅に戻ってくる日が来るのでしょうが、それまでは息子とテディと私たちの旅は続きそうです。

201410rin02

↑コバルトブルーの海が広がっていました。

201410rin01 201410rin03
↑どんな時でもテディと一緒です。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。