りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2015.11 一年半ぶりの日本

ただいま〜! 日本へ無事帰って来ました。
子供2人を連れての飛行機移動、どうなる事かと思いましたが、
日系航空会社と夜便が幸いして、あっという間に日本へ到着しました。

今回インターネット上でチケットを購入しようとした際、私の苗字が日本とドイツで違うため、ちょっとしたトラブルがありました。
国際結婚をする際、私は日本では従来の日本の苗字を選択しています。
そのため搭乗者の氏名は日本のパスポートに記載されているもの(例えば、山田 花子)、
それを購入するドイツのクレジットカードの名義はドイツのもの(例えば、ミュラー 花子)となります。
すると、サイト上ではそれが同一人物ではないと誤った判断がされ、
「搭乗者ご本人以外のクレジットカードでは購入が不可能です。」と表示されてしまうのです。
仕方なく、顧客センターに電話して事情を説明しましたが、やはりインターネットでの購入は不可能との事。
「このお電話でお受け付け致しますが、ご購入手数料として50ユーロ(日本円で7000円弱)ほどいただいております。」と言われました。
いやはや厳格な島国日本の航空会社、何とも融通が利かない…。

しかしそれ以外は、「よっ、日系航空会社!」と言えるサービスでした。
事前に空港でお手伝いをしてくれる係りの方をお願いしていたので、フランクフルトの空港では、「日本アニメ命!」のドイツ人グランドホステスが全てを、飛行機の中では、お母様が日本人でお父様がイタリア人というフライトアテンダントが、「可愛い〜!」とキスを連発しながら4ヶ月の次男をよく抱っこして下さいました。
お陰で次男は終始ご機嫌、彼の顔や頭は口紅でベトベトでしたが、それも良し、みんなに愛されて育ちなさい次男よ!(笑)。

何はともあれ、美味しい食事に秋晴れの毎日、内戦は無いし、子供達は義務教育として学校に通える日本。
そこに住んでいると、それが当然の事に思えるかもしれませんが、皆さんとても幸せな国で生活されていますよ。
私も日本から出て初めて分かった事なのですが(笑)。
残り1週間、ふるさとを満喫します。

rin_ph01

お祭りなどによく出現する「子供メークアップ店」。

rin_ph02

どうだ、虎だぞ~!



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。