Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


体ぽっかぽか、しょうがのヒミツ

しょうが

体ぽっかぽか
しょうがに含まれる代表的な成分が「ジンゲオール」と「ショウガオール」です。ジンゲオールには免疫力強化や殺菌作用、ショウガオールには血行を促進し、体を温める作用があります。ですが、「ショウガオール」は、生のしょうがにはあまり含まれていません。というのも、ジンゲオールが加熱されることでショウガオールに変化し、含有量が増加するからです。
なので、体を温める効果を期待するときには、加熱して食べることがポイント。逆に、免疫力強化などの作用を期待するときは、生で食べること、下ろした場合は絞り汁も取ることがポイントです。どちらの成分も皮やその近くに多く含まれていますので、皮ごと摂取するのがオススメです!

実は寒さに弱い?
しょうがの原産地は熱帯アジアなので寒いのは苦手です。冷蔵庫では低温障害を起こしてしまい、痛みやすく、機能成分も減少してしまいます。保存は濡らしたキッチンペーパーや新聞紙に包んで、冷暗所(15℃くらい)で保存するのがベスト!

「しょうが」とっておきレシピ
毎日手軽に摂るなら!「しょうがパウダー」

材料…しょうが100g
①よく洗ったしょうがを皮付きのまま、スライサーなどでできるだけ薄く切る。
②オーブンの天板にクッキングシートを敷き、①をできるだけ重ならないように並べる。
③80〜100℃に予熱したオーブンに②を入れ1時間加熱する。カラカラに乾けばOK。十分に乾燥していない場合は10分刻みでさらに加熱する。
④冷めたらフードプロセッサーやミルミキサーで細かくする。(ポリ袋に入れ手や麺棒で砕いてもOK)
※漢方では乾姜と呼ばれます。ぽかぽかパワーを取り入れるには、料理なら仕上げに、飲み物なら飲む直前に加えるのがポイント。炒め物や味噌汁、ジンジャークッキーなど、使い方は自由自在です。

★★★ 保存方法 ★★★
ビンやファスナーつきポリ袋にいれて常温で保存できます。保存の目安:3ヶ月

しょうがレシピ



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』