りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2015.03 合理的がお好き?

どうやら妊婦の私、インフルエンザに感染してしまった様でダウンしています。
今、通っている学校の向かいの席のクラスメートがインフルエンザで1週 間欠席し、その後も毎日ゲホゲホ、ゲホゲホ。
日本みたいにマスクはしないし、口に手を当てて咳をする習慣もないので防ぎようがないですよね。

さ て、先週私と同じ様にドイツ人と結婚して、フランクフルトに住む友人から連絡があり、
何やら今、日本で放送されている世界に住む日本人妻を取り上げた番組 中、
一瞬彼女が映ったので見てとの依頼を受け、主人とチェックしてみました。
私は見ている最中、何度も「ある、ある~。」と吹き出してしまいましたが、
主 人は見終わった瞬間に「これはちょっと誇張し過ぎでしょう。」と言っていました。
確かに出演されていた、ドイツ人のご主人は、裁判官という職業柄か究極の 綺麗好きで、
本を色と大きさにより仕分けして本棚に収納されていました。
さすがにそこまでされている方は、今の所、他のドイツの家庭で見た事がありませ ん。

しかし、番組でも言っていた様に、「ドイツは全てが合理的である事にこだわる」、
そして「整理整頓が生活に浸透している」、正にその通 りだと思います。
例えば、我が家は、大雑把な私が適当に入れる食器洗浄機の中の食器を、主人がほぼ毎日「こうやって、ちゃんと最初から仕分けして入れれ ば、後で出す時に簡単でしょう!」と言いながら入れ替えます。
そして、テレビでも放映されていた様に、重要書類のファイリングも、項目ごとに分けて主人が きっちりファイリングしているので、何かあった際、直ぐにその書類が取り出せます。

他には、洗濯物のたたみ方、私は大体大きさが合っていれ ば良しとするのですが、
主人がこれをたたむとTシャツも寸分違わずに綺麗にたたみます。
その綺麗さたるや、毎回感嘆してしまいます。
どうやら、私がたたん だ物に関しては、自分のクローゼットに入れる時にもう一度たたみ直しているようで、主人のクローゼット内の綺麗な事。
綺麗に入れておけば、服を着る時に選 びやすいし、出しやすいそうです。
主人の尊敬する所は、食器洗いにしろ、洗濯物のたたみ方にしろ、私に自分のやり方を強要せず、自分が嫌だったら何も言わ ずに自分で直してくれる所。
あら、うちの主人、良い所もあるじゃない?
妊婦の私は最近主人にイライラ、思い出せて良かった(笑)。

後は、 キッチンの掃除のことですが、確かに、どこの家へ行ってもいつも磨き上げられており、油が飛び散る料理を嫌がります。
例えば、私の母が主人の両親の家で天 ぷらを振る舞った際、調理後、私と母がきれいにコンロ周辺を拭き上げたにも関わらず、主人の母がこれでもかというくらいに、また掃除をしていました。
それ 以来、私はあの家のキッチンでは揚げ物をしていません。
いや、怖くて出来ません。何しろ、O型なもので(笑)。

15年前アメリカ留学帰りで、ドイツにお嫁に来て、フレンドリーの「フ」の字もないようなこの国に、
「私はこの国を一生好きになれそうにない。」と思って いましたが、
今では、緑も多いし社会保障もしっかりしている、なんて住みやすい国だろうと思うほどです。
人も、合理的で気難しい面がありますが、その分物 事をよく吟味して答えを出す、そして仲良くなれば一生もの。
日本も大好きですけど、ドイツもええ国ですよ、1度ドイツへ!

201503rin01

↑お誕生日パーティー。それにしても男の子可愛い!

201503rin02

↑息子が5歳になりました。おばあちゃんが作ってくれたイチゴケーキ。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。