りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2014.09 ゲルマン民族としての夕食

 今夏、ドイツは冷夏で屋外のプールに行けたのは2回だけ、泳げる様な気温にならないまま、夏が終わってしまいました。また長い長い冬がやって来ます。
息子は8月24日からようやく夏休みに突入しました。私の住む州では公立の幼稚園の半数は8月初旬から、残りは8月下旬から、それぞれ交代で3週間休みになります。共働きの家庭が多いため、両親がどうしても子どもと一緒に夏休み休暇が取れない場合、どこかの幼稚園が応急処置的に子どもを預かってくれるのです。助かりますよね。

 さて、私は夏休みに子供と何をしようかな ? と考えていた所、ドイツの義理の両親が孫に会いたくてウズウズしていたのと、夫の海外出張が重なったため、車を飛ばして我が家から2時間半の両親の家へ息子と1週間ほど行って来ました。その道すがら、結婚当初、彼らとの食習慣の違いに悩まされた事を思い出しました。それは基本、温かい(火を通す)食事は1日1度だけという事です。まず、朝はパンから始まり、お昼はそれぞれ会社の食堂や自宅で火の通った食事をします。(日本の晩御飯を想像して下さい)そして夜は又もやパン、チーズ、ハムに戻るのです。3食、温かい食事を取っていた日本人の私は食事の度にゲンナリしていました。こんな食事では、身も心もゲルマン民族に捧げてしまう事になると思い、せめてもと自宅では、昼と夜は温かい食事を作っていました。すると、まず主人から「1日に2度温かい食事は重すぎる。」と苦情が出、義理の両親に至っては、我が家に泊まりに来る際、「夜は火を通さない食事にして欲しい。」と事前に注文が付くようになりました。そこまで言うのならと思い、両親が来る日はパン、ハム、チーズを用意しました。さすがにこれだけでは野菜が不足すると考え、サラダを用意していると、義理の母が「そんな手の掛かる事、夜にしなくていいのよ。ドイツでは夜、野菜を食べたい人はこうするの。」と言って私の包丁を手に取り、キュウリを太めの輪切りに、トマトはいちょう切りにし、どうだとばかりにドンとテーブルに置きました。

 後々、この食事スタイル、主人の家庭だけでなく、大体どこの家庭も同じで、息子が入院した際には、病院食でさえ同じスタイルであるという事が分かりました。それからも1年ほど、私は絶対に死ぬまでこんな夕食には慣れないし、慣れたくもないと鼻息をフンフン荒めていましたが、体は時と共に否応無しに順応して行き、すでに食事面では私もゲルマン民族の一員です。最近では、夕食作りに時間を掛けない分、家族との会話に時間を費やしたり、夏は日没が遅いので、食事の後に家族でサイクリングや散歩に出掛ける事が出来、贅沢だなとさえ感じてしまいます。また、夜食べる量が少ないので胃腸の負担も軽い様な気がします。

 我が家は、今週から主人も3週間の夏休み。只今、旧東ドイツを旅行しています。そして、週末からは息子が毎年楽しみにしているスペインのマジョルカ島に行って来ます。旅行記は次号で!!

201409rin01
↑藁で出来た迷路。本当は下を歩くはずが子供たちは上を飛ぶ方が面白いよう。

201409rin02
↑おばあちゃんとブルーベリー狩りに。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。