Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


日本の洋野菜栽培の先駆け[倉敷イタリア野菜 編]

vege87_main

倉敷の住宅街で目を引く、三角屋根の美しいガラスのハウス。そこが『フジワラファーム』さんの農場です。素材の持ち味を引き出して育てられたイタリア野菜は、東京や神戸の高級レストランのシェフも御用達。私も初めて食べたときの衝撃が忘れられず、お話をうかがいにやってきました。

vege87_03

フェンネルとの出会い

社長の藤原稔司さんがイタリア野菜を育て始めたのは、約30年前。当時は大変珍しく、日本での洋野菜栽培の先駆けとなりました。
その栽培のきっかけとなったのが、フェンネルという野菜との出会いです。当時、農学部生だった藤原さん。初めて食べたとき「口の中が香水だ!」とその香りと味に、「今までの経験や感性がぶち壊された」そう。
私も未体験のフェンネル。農場で摘みたてをいただくことに。その爽やかな香りもさることながら、噛むほどに甘く、野菜としてのおいしさにとても驚きました!

vege87_01

倉敷の食の感性を育てたい

長年の栽培経験、イタリア食文化の研究や、料理人との交流から、食に対する様々な思いを抱く藤原さん。お話をうかがうなかで、私が特に印象深かったものをご紹介したいと思います。
『季節に応じて人の体には必要な栄養があり、それを体が受け入れる態勢になっている。だから、旬の野菜は苦味や酸味もおいしく感じる。』
『日本では冬でも生のトマトを食べるが、イタリアでは夏に採れたものをピューレなどに加工しておき、それを温めて食べる。それは体を冷やさない知恵だし、そうやって食べることで体がおいしいと感じるようになっている。冬にトマトを育てるには、暖房を使う。経費がかさみ農家も無理をして育てている。
体が素直に受け入れられる、旬の野菜をたくさん食べて、食べる人、作る人、環境、それぞれに優しい、「自然の恵みをいただく」素材の選び方を知ってほしい。』
「今後はそんな食の感性を育てたい」と語る藤原さん。食と農を繋げるイベントの開催や、倉敷の食を全国に発信できるような取り組みをしていきたいとのこと。私も野菜ソムリエとして何ができるのか、一緒に考えていきたいと思います。藤原さんの今後の活動に注目です。

vege87_02

vege87_04



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』