Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


旬野菜×米粉で作る心と体にやさしいおやつ

我が家のおやつルール

我が家の買い物は週に1回。子供たちはその時に100円程度で買える好きなお菓子を買います。(上の子5歳は甘いものも買いますが、下の子2歳はおせんべいがメインです。)それ以外は、いただきものや、お友達と遊ぶ時のお楽しみにしています。
 基本的には、メインはおにぎり! 他には焼きいも、果物、煎り豆や蒸し豆、牛乳など。息子はおなかがすいたら、茹で野菜も喜んで食べます。そして時には野菜おやつを作ります。(「毎日手作り」というのは、私には無理です、笑)
 甘いものを囲んでのおやつタイムは子供も大人も嬉しいもの。メリハリとバランスを大切にしています。

米粉への想い

倉敷産の米粉を使うことで、地域の田んぼを守り、農業を支えたいという想いがあ ります。
 2011年度の総務省の家計調査で、2人以上の世帯におけるパンの支出が米の支出を上回り、大きなニュースになりました。人口減少により米の需要はさらに減る予想のなか、TPP妥結により、米の輸入量がさらに増える予定です。
 私たちがお米を食べなければ、農家さんはお米を作り続けることができず、田んぼはなくなってしまいます。それにパンをはじめ、お子さんの好きなケーキやクッキーなど、その原料である小麦の国内自給率は13%(2014年概算)で、多くを輸入に頼っています。
 日々「何を食べるか」ということは、未来のために「何を守りたいか」という側面もあるんです。その選択肢のひとつとして、米粉を活用できたらと思っています。
 倉敷産米粉 は産直で手に入りますよ。おやつ作りで米粉デビューしてみませんか?

野菜を使ったおやつへの想い

母親歴6年目の私が驚いたのが、子供ってこんなに食べるのか!ということ。幼稚園から帰った娘におやつを出しても「まだ足りない」と何度もおかわり。
我が家だけかと思って周りに話を聞くと、みんな「何を食べさせればいいか悩んでいる」とのこと。
 私の悩みはお母さんみんなの悩み。簡単にできて、普段食べないような野菜もとれて、お砂糖を使わないおやつないかな……私が作ればいいか!と思い立ち、野菜を使ったおやつのレシピを考えるようになりました。
 今回は、旬の野菜を味わえること、よく噛んで食べられること、の2点にこだわっています。体だけでなく、心も育むようなおやつを作っていきたいです。


お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ。



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』