りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2015.04 春と花粉と妊婦

ドイツには待ちに待った春が、そして私には花粉症との戦いの季節がやってきました。
妊婦で薬が使えない今年、さてどうやって乗り切るか、溜息が出ます。

早いもので、もうすぐ妊娠9ヶ月に突入。
第2子の妊娠中は、時間が経つのが早いと聞いていましたが、正にその通り。
日々の雑事に追われ、自分が妊婦である 事をあまり意識しないまま時間が過ぎ去っているという感じです。
そして、大柄で太った女性が多いドイツでは、アジア人の私のお腹は全く目立たず、
8ヶ月の 初め位までは、言わなければ誰も私が妊娠しているという事に気付かず。
仕方ないので、自分から「私、妊婦で~す。そしてすでに8ヶ月!」と話すと、みんな 口を揃えたように、
「嘘でしょう?私のお腹見て!妊娠してないのに、あなたのお腹より出てるわよ。」と爆笑。確かに(笑)。
幼稚園のママ達に訊くと、 多くの人が妊娠中に15~20キロ程、体重が増加したそうです。
日本ではあまり聞かない話ですが、ここでは普通なのかも?

出産に関してもお国が違えばで、私の様に第1子を帝王切開で産んでいても、
第2子に問題さえなければ普通分娩で出産するというのが、
どこの病院でも可能 だったり(本人が希望すれば)、
出産後数週間は、出産前に契約した助産師さんが毎日、家に様子を見に来てくれたりというシステムがあります。
あと、1人部 屋などのオプションさえ付けなければ出産費用はタダ。
日本の様に、至れり尽くせりの病院生活は望めませんが、家計には非常に優しいのです。

さて、出産準備ですが、今回は長男の世話や、自分の学校の事でバタバタしており、まだ何も出来ていません。
子供の名前もドイツ名は長男が選び、決まっているのですが、
セカンドネームの日本名は、今の所、ママ、全く思い付かず。あ~、どうしよう!

201504rin02

↑日本から仲良し家族が遊びに来てくれたので要塞見学。

201504rin04

↑その後、メルセデスベンツ博物館を見学。

201504rin05

↑最終的にドイツ料理は飽きたという、日本からの友人家族を連れイタリアンへ。
主人注文のピザ美味しすぎた!



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。