りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2014.12 海外の相

 我が家の主人、基本的に占いを信じません。雑誌とかに載っている、「今月の運勢」を教えてあげようとすると、「読まなくていいよ。」と気のない返事 が…。そう言われてみれば、ドイツ人から「この間、占いに行ってさ~。」とか「この間、幽霊見てさ~。」とか未だ聞いたことがありません。目に見えない物 は信じない、何とも現実的なお国柄だ事!(嫌味含む)。

 そんな主人ですが、今から5年程前、まだ子供もおらず二人とも東京で働いていた頃、先に仕事が終わったので、車で迎えに来てくれるとの事、どうせなら近く にあるショッピングモールで夕食を済ませて帰ろうと言う事になりました。食事も終わり、いざ自宅へと思いながら歩いていると、モールの隅にチョコンと座っ ている年配の女性を見つけました。前には手書きの「占います」の看板が。いつもなら素通りする主人が、何故か人生であれ一度きりですが「占ってもらった ら?」と言ってきました。私は基本、女子ですから、占い好きですし、こんなチャンスは滅多にないと思い、占ってもらうことにしました。まず、名前と生年月 日を告げると、おばちゃんはしげしげと私の手相を見て、真剣な顔をして私に向き直り言いました。「海外の相が出ています。」と。いやいや、隣りに座ってい るのはどう見ても外国人ですし、素人の私でも同じ事が言えます(笑)。その後も、どうでもいい様な事ばかり告げられたのですが、最後におばちゃんが、「あ なたの持って生まれた数は5の倍数。5の倍数の年にいつも何か大きな事が起こると思うから、次は来年、2010年ね。」と告げ、占いは終了。「はあ、無駄 使いしてしまった…。」とがっかりしながら車に乗ったのでした。

 しかし、最近この「5の倍数」について考えていると、凄いことが。まず、結婚したのが2000年、2005年に夫の転勤で日本に再び帰国することになり、 おばちゃんの言っていた2010年に長男誕生。これも、全て偶然? 私が都合の良いように捉えているのでしょうか? しかし、来年はなんと2015年、ま たしても5の倍数の年なのです。そして、まだ公表出来ませんが、どうやらまたもや私の人生に転機が訪れそうなのです。おばちゃーん、あなたは本当にそれが 見えていたの???

201412rin01

↑クリスマスマーケットの時期がやって来ました。

201412rin02
↑これはアドベンツカレンダーと言い、クリスマスまでの24日間、子供が数字の所を開けると小さなお菓子やおもちゃが入っているのです。うちの息子は毎朝これで大騒ぎ。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。