Enjoy!ベジフル☆ライフ

倉敷市在住の「野菜ソムリエ」taeが、野菜&果物のなるほど情報をお届けします。


秋だ!おいしい焼き芋を 食べよう!

sweetpotato

サツマイモは女性の味方
女性にとってうれしい栄養が詰まっているサツマイモ。
まずはヤラピン。聞きなれない名前ですが、サツマイモを切ったときに出る白い汁に含まれているもので、整腸作用があるとされています。豊富な食物繊維と合わせて、便秘の予防・改善が期待できます。
また、美容に欠かせないビタミンCも含まれています。サツマイモのビタミンCはでんぷんに包まれているので、加熱しても壊れにくいのが特徴です。ビタミンC、そして食物繊維は皮に多く含まれています。カルシウムも豊富ですので、ぜひ丸ごと召し上がってくださいね。

気になるカロリーは?
焼き芋可食部100g(中サイズ半分)で163キロカロリー。あんぱん1個280キロカロリー、ショートケーキ1個344キロカロリー、板チョコ1枚391キロカロリーです。しかも、砂糖に比べて糖分の消化吸収に時間がかかるので、たっぷりの食物繊維の効果とあわせて腹持ちがいいのも魅力。ただし、あくまで可食部100gのカロリーですので、間食では上手に取り入れたいですね。

美味しく食べる為に
冷蔵庫に入れず、日光が当たらないようにして常温保存しましょう。適温は15℃前後です。長期保存する場合は、日陰で風通しの良い場所に。ただし、冬場は気温が低くなりますので、室内の温かい場所で、ダンボールに入れて保存しましょう。

芋掘りしてきたら
掘りたてのサツマイモは水分が多く、カビやすいので保存に注意が必要です。また、掘りたてはあまり甘くありません。1週間程度、陰干ししましょう。私はベランダにダンボールを敷いて、サツマイモを置き、その上からダンボールをかけます。
本来なら1ヶ月〜3ヶ月寝かせたほうが甘くなりますが、掘ったときの傷があると長持ちしないので、早めに食べましょう。焼き芋よりは、天ぷらや大学芋など調味して食べるのがおすすめです。

 

♥おうちであま〜い焼き芋を食べたい♥

[作り方]
夜寝る前に仕込みましょう。サツマイモをアルミホイルに包み、オーブン160℃(予熱なし)で90分加熱。そのまま一晩、庫内で冷まして完成です。そのまま食べるとより甘みを感じ、レンジで温め直すと焼きたてのおいしさが味わえます。

[おいしくするポイント]
・サイズは小ぶりなものを選ぶ(手のひらに収まるサイズ)大きいものを切って焼くよりおいしいです。
・焼く本数は2~3本(本数は大きさにもよります。)本数が多いとサツマイモの温度が充分に上がらず、甘味が引き出せません。

【焼き芋豆知識】
サツマイモは加熱すると、自身の消化酵素を使ってでんぷんを麦芽糖に変えます。その酵素をうまく働かせるための条件が『低温でじっくり加熱』。焼き芋の鉄則です。
そして、品種によって食感に大きな違いがあるのが、焼き芋の面白いところ。『なると金時』『紅あずま』などのほくほく系から、『安納芋』や『シルクスイート』などのねっとり系、そして『紅はるか』などはその中間です。食べ比べてお好みを探してみてくださいね。

 



★Tae(Classsメイト)
野菜ソムリエ協会認定『野菜ソムリエ』。
愛媛県出身、倉敷市在住8年。食欲旺盛な2歳男子&野菜苦手な5歳女子の子育てに奮闘中。
アメーバブログ『野菜ソムリエTaeさんちのリビング』