りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2015.10 アラフォー女子の反省

先日、結婚15周年を無事!?迎える事が出来ました。
20代半ばで結婚し、そこからは順調満帆に・・・という訳がなく、みなさんと同じように山あり谷ありでここまで来ました。
そして、一番の夫婦の危機を次男妊娠中だった今年に経験しました。
それはもう、ホルモンの影響としか考えられないほど、主人のする事なす事にイライラしてしまい、そこに「絶対謝らないドイツ人」が応戦してくるので事態は泥沼化(笑)。

そんなある夜、私は堪忍袋の緒が切れて家出を決行しました。
近所のホテルを探し、いくつかあったチョイスの中から怒りの余り、プール付きの高級ホテルを予約してしまいました。
そして主人が書斎にいる間に、必要な物を鞄に詰め、夫に何も告げず息子を連れ、そそくさと家を出発したのでした。
両親の喧嘩など露知らず、息子は、「わあ~、ママとホテルに泊まれるの?」と大興奮。

ホテルに着いてからも、大きなベッドで思いっきり飛び跳ね、その後2人で映画を見ながらチップスを頬張りました。
私達が楽しんでいる間、妻に家出されてしまった夫はと言いますと、心配の余り私の携帯に何十回も着信が入っていました。
息子と2人だけで一晩過ごすと、私の怒りも落ち着き、そこにタイミングよく、眠れなかったであろう夫から電話が入ったので、「朝食でもしない?」と誘いホテルに来てもらいました。
疲れ切った表情の主人に対し、息子はどんなにママとのホテルライフが素晴らしかったかを懇々と語っていました。申し訳ない。

それから数週間後、息子が週に一度通っている日本語補習校(海外で生活する日本人の子供が日本の事を勉強する学校)から毎月発行されるクラス便りを読んでいると、そこには3連休にAちゃんは家族旅行へ、B君は遊園地にお友達と、そしてC君(我が息子の名前)はお母さんと2人でホテルに泊まったそうですと書かれていました。
私は読みながら冷や汗がタラタラ、「息子よ、君はクラスでいったい何を話したんだ?」。
そして先生、「お母さんと2人で」という文言は不要です!!察して下さい。

それ以後、そのホテルの前を通ると、息子は「ママ~、ホテル楽しかったよね、また2人で泊まろうね。」と必ず言い、夫は私に向かって「もうやらないでね。」と呟きます。
アラフォー女子、反省です。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。