りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2015.5 ダンスの神、降臨!?

ドイツ人にとっての一大イベント「夏の休暇」の予定を立てる時期がやって来ました。
我が家はここ数年スペインのマジョルカ島で休暇を過ごして来ました。

常宿のホテルは非常にファミリー向けで、夜になると「子供ディスコ」が開催され、
子供達は歌って踊ってパワーを発散させ、疲れ切った頃に大人向けのショーが始まります。
そのため、小さな子はベビーカーでぐっすり、
少し大きな子はその辺で友達になった子と遊んでいるので、
大人は心地よい海風の中、お酒を片手にショーを堪能出来るという素晴らしい仕組み!?になっています。

さて、長男は主人に似て運動神経が鈍い様なのですが、(悪い所は全て主人からの遺伝ということで(笑))
ダンスは大好きで、「かっこいいの踊って!」と言うと、Myサングラスを掛けて、
今時珍しいカクカクしたダンスを踊ってくれます。

「僕の踊り凄い?」と訊くので「凄いよー。」と答えつつ、
運動神経が鈍いからカクカク踊るのかしら!?と秘かに思っていました
。ある日、またダンスを披露してくれたので、「その踊りはどこで習ったの?」と尋ねると、
「マジョルカ島のホテルで見たでしょう?僕、あの太った人の歌と踊りが好きなんだよー。」と言うではありませんか。

はて、太った人?と考えているうちに思い出しました!
ホテルで大人向けにマイケルジャクソンのソックリさんショーがあったのです。
なぜかソックリさんは踊るたびにお腹の肉が上下運動する中年太りの白人男性、
それに引き換え、バックダンサーは筋肉ムキムキのかっこいい黒人のお兄さん2人、
なぜにこのキャスト?歌でも上手いのかと思いきや、
マイケルに似ているのは「フォー」と叫ぶ所だけ、音程は外れるし、
歌い終わる頃には気の毒なほど息が切れ切れなのです。

なぜ毎回息子がサングラスを掛けて、カクカク踊るのかがやっと分かりました。
本物のマイケルを知らないのもと思って動画を見せると、
「これは僕の好きな人ではないよ、こんなに痩せてないもん。」
そうだよね、君が初めて見たマイケルはあの中年のおじさんだものね。

という事で、きっと今夏も我が家は息子の好きなマイケルに会いに行く事になりそうです。

 

長男の誕生日会をボ—リング場で。男の子7人可愛すぎ!

rin89-1

 

自分たちのスコアに夢中。

rin89-2

 

次男、ムチムチ君は脱走の達人。

rin89-3



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。