りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.01 驚愕の昼食

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

我が家の次男坊、ついに離乳食を始めました。
ドイツでは離乳食を作るという概念がなく、ほとんどの家庭で、市販されている瓶詰めの物を毎日子供に与えます。
長男の離乳食時、私が鍋で作っているのを見た義理の母が目を白黒させていたのを今でも思い出します。
他にも、子供の食事に関しては驚きの連続です。
近所に住む長男の仲良しの子は、我が家で食事をして帰宅する事があるのですが、この子は全く野菜が食べられません。
日本の子供でも、数種類の野菜が苦手という子はよく耳にしますが、
ドイツの子どもの野菜嫌いは徹底しており、野菜全般何も食べられない子が結構な割合でいます。
先日も、幼稚園のママ友が「うちの子、最近パスタのトマトソースでさえも嫌がり、茹でたパスタだけを食べるのよ。」と嘆いていました。
驚きますよね。でもこれもよく聞く話です。

また、先週私の復学と共に、次男が新年早々から通うであろう、
公立と私立の保育園候補を見学して来たのですが、そこでも目を疑う光景が…。
候補の1つの私立の保育園は、保育料が月々6万円ほど、更に給食費が1万円ほどかかるだけあり施設も最新、
保育もドイツ語と英語両方で(あまり意味が無いと思うのですが)、
食事は出来る限りオーガニックを使い、専属のシェフが園で調理していますとの事でした。
代表の方の説明も一通り終わり、クラス見学に連れて行って頂いたのですが、
ちょうど正午で子どもたちが椅子に座って食事を始めました。
私が何気なくお皿に目を向けると、なんとそこには塩茹でされたじゃがいもとゆで卵の2種類だけ。
これが専属シェフがオーガニック素材で作るご自慢の昼食なのです。
「野菜は無いのでしょうか?」という私の問いに代表の方は「じゃがいもが野菜です。」と真面目な顔で答えて下さいました。
じゃがいもを野菜と呼んで良いのでしょうか?
もちろん我が家の次男は、ここではなく公立の保育園に通わせてもらう事にしました(笑)。

「食育」、本当に大切ですね。一汁三菜の国で育った私は本当に幸せ。
さあ、気合いを入れて離乳食期を乗り切ります!

 

スーパーの瓶詰離乳食コーナー。

rin86_ph1
四ヶ月の子にクッキーとミルク入りの離乳食。日本じゃあり得な~い。

rin86_ph3

お兄ちゃん、弟のためなら何でもしてくれます。

rin86_ph2



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。