りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.7 かたくてやさしいドイツのパン

私の住むここドイツは「世界屈指のパン消費国」と呼ばれているだけあり、とにかく種類が豊富です。
その数百種類の中でも、特に好まれて食されるのがライ麦を混ぜた黒いパンです。
このパンを食べて育ったドイツ人が日本旅行などに行き、初めて食パンを食べると大抵、
「うえー 、何だこのゴムみたいなパンは!」となります。

反対に、日本の食パンに慣れ親しんだ私は、最初、黒いずっしりとしたパンに馴染めず、
あのふんわりとした食パンを食べるためだけに日本へ一時帰国したいとさえ思いました。
食文化の違いですね。

ドイツのパン屋で買うパンは、2日もすると硬くパサパサになります。
それに比べ私の好きな日本の食パンや菓子パンは、日が経っても柔らかさとしっとり感をキープします。
どんな違いがあるのかと思い調べてみると、やはり一部のパンには食品添加物が入っていることがわかりました。
他にもスナック菓子、炭酸飲料、レトルト食品など子供のまわりにある多くの食品にも添加物が…。

少しくらいならさほど影響もないのでしょうが、これが毎日、そして何十年も体に蓄積されていくと思うと怖くなります。
私達の住む市の公立幼稚園では、お弁当に食パンを持参する事は原則禁止されています。
黒パンの方が腹持ちも栄養価も高く、添加物も入っていないという点からのようです。
さらに、子供と公園に行く際は、どの家庭もあらかじめ切っておいたリンゴやブドウなどの果物、生野菜のスティック、水の入った水筒を持参します。

運動してお腹が空いた子は、文句ひとつ言わず持参した物を食べます。
たまに「子供のお菓子は毎日手作りしています。」という素敵ママの事も耳にしますが、私には無理無理!!
もしそんな事を毎日してたら、ハンドミキサーで生クリームを泡立てるのではなく、
私の殺気を立てていますよ。おー怖い(笑)。
自分の出来る範囲内で子供を添加物から遠ざける、これも近年「食育」の重要課題の1つなのかも知れませんね。

 

欲しいだけ、切り売りしてくれます。

rin91ph02

こちらのパン屋さんです。

rin91ph01



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。