りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.9 巡り合い

人生にはたくさんの「巡り合い」があります。

私にとっての最大の「巡り合い」は、10年以上前にアメリカの語学学校に入学した時の事です。
偶然、授業で向かいに座り、私の行くところ行くところに何故か現れる
「よく鼻をかむ、目が緑色のドイツ人」から猛アタックを受け(笑)、ドイツにお嫁に来ることになりました。

息子にとっての一つ目の大きな「巡り合い」は、ドイツから主人の転勤で東京へ、
そしてまたドイツへ転勤となった時のことです。
引越しまで時間もなく、インターネットで見ただけで即決したマンションの前に、
たまたま幼稚園があり、そこへ東京で生まれ3歳になった息子を入園させました。
ドイツ生活に馴染めず、毎朝幼稚園に着くと大泣きする息子に寄り添い、
3年間温かく見守ってくださった素晴らしい担任の先生との出会い、彼の第二の母です。
この先生と巡り合っていなかったら、息子はどうなっていた事か。

そして息子にとっての二つ目の大きな「巡り合い」は数年前、私たちがマイホームを購入したことです。
偶然にもご近所の子どもたちが息子と同年代の男の子ばかりでした。
引っ込み思案だった息子がいつの間にか、日が暮れるまで毎日、ご近所で遊んで来る様になりました。
この地に偶然住居を決めたことが息子の大きなターニングポイントになった様に思います。

このように「巡り合い」には、何か目に見えない糸で
引っ張られた様な運命が存在するように感じます。
皆さんも今までの人生で私と同じ様な経験をした事があるのでは?
どんな「巡り合い」も大切にしたいものですね。

ドイツも、子ども達は長い夏休みの真っ只中。
ママは気合いだ! 気合いで乗り切るぞ~!

 

主人の上司夫妻の「二人合わせて100歳」のお誕生日会に招待されました。
こんなお祝いの仕方も新鮮!

rin93-p2

 

近所の公園に、草刈り機代わりに羊が放たれていました。
昨年、サーカスが来た時はラクダが放たれており、かなりシュールでした。

rin93-p1

 



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。