りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.11 イタリア南チロル地方への旅行

イタリアの南チロル地方に夏の旅行に行ってきました。最近頻繁に起こる爆破テロにより、今年は比較的安全なスペインが大人気で大混雑。ここ数年、スペインのマジョルカ島旅行が常だった我が家も仕方なく、海ではなく山へと行き先を変更しました。

私達が行ったのは、ユネスコ世界自然遺産に指定されているドロミテ山魂の麓にあるイタリアの小さな村です。子供が生まれてからはすっかり遠のいたトレッキングですが、今回は主人が久々に本格的な山登りがしたいと言い出し、子供を背負うリュックまで購入。1日5~6時間のトレッキングを、6歳の長男も、次男を背負った主人も文句を言わずよく歩きました。そして、背負われた次男も歩く揺れが心地良かったのか、終始ご機嫌でした。山も頂上に近づくと道が無くなり、滑り落ちそうになる事もありましたが、久々のトレッキング、何とも言えない気持ち良さでした。そして宿泊先は、子供達が楽しめる「牧場が経営する宿」にしました。

今回泊まった宿はキッチンが付いており、牧場で売られている新鮮な牛乳や卵を使って毎日美味しい食事を作ることが出来ました。また夕方5時になると、宿泊している子供達6人ほどが牛舎に長靴を履いて集合します。そして2時間ほどかけて、牛舎の清掃・餌やり・乳搾り、ニワトリ小屋の清掃・卵集め、ウサギや豚の餌やりなどをお手伝いします。1歳の次男も、牛舎にちょこんと座り、見よう見まねで牛に藁をやったり、反対にベロベロ舐められたり、七面鳥に追いかけられたり、ウサギにキックされながらもお手伝い!?  を頑張っていました。

そんなある日、ニワトリ小屋の掃除をしていた子供達が死んだニワトリを見付けたのですが、牧場の方は、「この押し車にニワトリを入れるから、すぐそこの森の中にみんなで返してきてあげなさい。森にはキツネが住んでいて彼らのご飯になるんだよ。」と教えていました。誰ひとり怖がったり泣いたりする子もおらず、牧場主の小学2年の息子さんを筆頭に押し車を押しながら森へ歩いて行く子供達の背中がとても印象的でした。食物連鎖が身をもって体験出来るなんて、子供にとってとても良い旅だったなと思いました。もちろん次男が突発性発疹で40度の熱を3日間出した以外はですが(笑)。

rin9503

雲がすぐそこです。

rin9501

泊まった宿のバルコニーからの景色。

rin9504

湧水を見て野生に還る。

rin9502

エーデルワイスに初めて出会えました。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。