りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.2_3 ドイツの保育事情

次男の保育園生活が始まりましたが、ドイツの「慣らし保育」は約2週間ほどかけ、
親子で登園して一緒に過ごし、お互い生活に慣れていきます。
子どもの様子、先生との相性や周りの雰囲気などを直に見る事ができ、非常に良いシステムだと思っています。
預ける親も、預けられる子も不安は一緒ですものね。
ただ最近、「うちの子、保育園に通いだして…。」と私が言うと、周りの人が非常に驚きます。
なぜなら、社会保障の整ったドイツでは、子どもが1歳以下で仕事に復帰する母親が非常に少なく、早い時期に復帰したいのなら、「ターゲスムター」と呼ばれるベビーシッター制度を利用する人が多いからなのです。
シッターさんの家で法律に基づいて、数名の子どもを預かるというものです。
1日のカリキュラムがほぼ決まっている保育園より、家庭で過ごすのと同じように生活が送れるベビーシッター制度の方が良いと言う事のようです。
さすがドイツ人、「赤ちゃんである権利」も非常に尊重するのです。

しかし私には苦い経験が。
それは2年前のこと、仕事の内定を頂いたので長男のベビーシッターを紹介してもらい、面接に行くと、彼女のアパートは半地下の太陽光がほぼ入らない2部屋で、そのうちの1部屋で3人預かると言われました。
もう片方の部屋では夜勤のご主人が寝ていらっしゃるし、食事は冷凍の物をチンしてお昼に出しますと。
もっと探せば信用の置ける方がいたのでしょうが、この密室で何が起こっても不思議ではないと怖くなり、仕事復帰を断念しました。

そのため今回は中の様子もある程度透明性がある保育園に決めました。
息子のクラスは0〜2歳までの園児が7人、もちろん息子が8ヶ月で最年少です。
クラスの1歳半くらいのおチビちゃんたちは、食事の時間になると、ロッカーから自分でリュックサックを引きずりながら持って来て、椅子に座り静かに食事をします。
小さいから出来ないと決めつけているのは親だなと気付かされる瞬間です。
どこの家庭でもそうかもしれませんが、私も長男に手を掛け過ぎました(笑)。
我が家の「ニコニコ君」こと次男、ママは出来るだけ手を掛け過ぎないように育ててみようと思っています。
もちろん愛情はたっぷりで! どんな成長を見せてくれるのでしょう、とても楽しみです。

 

rin87

日本から両親がやってきた時の写真。
おじいちゃんとお散歩中の次男。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。