りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.4 小学校入学への長い道のり

我が家の長男、9月から小学校に入学する事が決まりました。
はあ~、入学決定まで長い道のりでした。
ドイツでは6歳児が「みんな揃って入学」とはなりません。
子供によって成長のスピードは様々ですから、入学に至らないと判断されたり、
親が望む場合はもう1年幼稚園に残るか小学校準備校に行く事になります。
ここで言う「成長」とは、〝友達と遊べる〟〝自分の意見が言える〟〝身の回りの事が自分で出来る〟〝絵が描ける〟〝集中力がある〟などで、それを小学校と幼稚園の先生が数ヶ月かけて観察していきます。

皆さんご存知の通り、長男は3歳で日本から引っ越して来たため半年くらいはドイツ語が話せず、教室の隅にボーッと立っていた子です。
面談では、「まだドイツ語が出ません、そのためかお友達が少ないです。
集中力がありません。絵が下手です。手先が無器用です。」などなど、気が滅入る事ばかり言われてきました。
「もうちょっと言い方があると思うんだけど?」と主人に言うと、
「ここはドイツ、日本の様にソフトな言い方を求めててはだめだよ。
事実は事実として伝えられるし、受け止める側もそれをそのまま受け止めないと。」と言われました。
出ました、ドイツ人!
それからは試行錯誤しながら、彼にとって今プラスになりそうな事を探しました。
例えば、ストレスいっぱいの幼稚園から帰って来て、ボーッとできる時間を作ってやる事、
今日1番楽しかった事を親子一緒に毎日絵に描く事などです。

そうこうしているうちに、ドイツ語も他の子に追いついてきました。
そこからの彼の成長は著しいものでした。
脳が言語習得にフル回転で他の事に時間を割けなかったのでしょう。
なぜ成長が遅いのだろうと悩みましたが、今から考えると自分の子を信じて受け止めてやれなかったのですから、至らない母親です。
先月の面談では、先生から今まで耳にした事のないようなお褒めの言葉を頂きました。
あら、褒める事も出来るんじゃない、ドイツ人!
こちらの小学校は4年生まで、その後は大学に進学するかしないかで学校が変わってきます。
親も子もスタート地点に立ったばかり、まだまだ人生の修行は続くようです。

rin88_03rin88_01

 

rin88_02

週末、ドイツのランドセルを買いに行きました。
恐竜好きの息子が選んだのは、やはり・・。
本人、嬉しくて仕方がないようです。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。