りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2016.8 躾の違い

北海道の森に子供置き去り事件、無事に見つかって良かったですね。
この事件がドイツでも大きく取り上げられました。
ドイツ人にとっては、例えそれが子供の躾の一環だとしても森に置き去りにするなどあり得ないようで、
「これは日本では普通なのか!?」とよく訊かれました。
こういうニュースが海外で流れると、困ったもので日本人全員がそういう躾をしていると勘違いする人が多いのです。

私は躾に関してはドイツと日本で大きな差がある様に思います。
先日、ドイツ人と国際結婚をしている日本人ママがこんな話をしてくれました。
ある日、家族でプールに行った際、6歳になる息子さんが癇癪を起こして彼女を叩いてきたそうです。
そこで、「母親を叩くとはどういう事!?」と彼女も息子さんの頭を無意識に叩き返したそうです。
すると、プールに来ていた周りの大人達が、冷ややかな視線を彼女に送り、
ご主人にいたっては、「君は頭がおかしくなったのか!?」と責め立てたそうです。
ここドイツでは、どんな理由であれ子供に手をあげる事は御法度です。

それなら、どうやってお仕置きをするのかと言うと、家で癇癪を起こした場合は、
「自分の部屋に行き、落ち着くまでそこにいなさい!」と冷静に言うだけです。
こんなの本当に効果があるのかと半信半疑でしたが、意外に効果絶大で落ち着いたら自分から出て来ます。
家の外の場合は、落ち着いて自分から謝って来るまで無視です。
親にしてみれば、冷静さを保たなければならないので、 相当な辛抱が必要ですが、これも子育て。

ストレス解消は美味しい物でも買って家族のいない所で(←ここ重要です)食べるか、
申し訳ないけど時々ご主人様に八つ当たりして、発散場所になってもらいましょう(笑)。
子育て中のママ達、お互い頑張りましょう!

 

近所の公園にある大きな木。
まるで子供達に“僕の上で遊んで良いよ”と言っているようです。

rin92-01

 

庭に出るとこの笑顔。雨の日も風の日も外に出してくれとせがまれます。

rin92-02



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。