りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.01 踏ん張り時

先週、ようやく資格試験の筆記が終わりました。長男が4歳になった頃、就職が決まったと思ったら妊娠が判明。体の事を考え辞退したのですが、数週間後に流産をしてしまいました。元々妊娠しにくい体質だったので、その時は何だか全てを失ったような気がして途方に暮れました。しかし、下ばかりを向いてはいられないので、仕事をもう一度探そうと、ドイツのハローワークを訪れました。

今までの経緯を話すと「あなた、資格を取得してみない? 今、政府は育児休暇明けの女性の社会復帰支援に力を入れているの。日本でもドイツ企業で働いていたようだし、申請してみる価値はあると思うわよ」という事で話が進み、約10ヶ月間、国が費用を負担しビジネス学校に通える事になりました。しかし通学し始めて2ヶ月、最近疲れやすいなと思っていると、なんと次男を妊娠していました。悪阻でゲロゲロ言いながらも通っていたのですが、もう限界だと思い、ハローワークに相談に行きました。すると「普通は1度ドロップアウトすると、次は助成金が出ないんだけど、あなたの場合妊娠だから」と、出産10ヶ月後から再開出来る事になりました。ああ、ありがたやドイツ! 外国人の私にまで分け隔てなく権利を与えてくれて、このご恩は少子化で労働力が不足しているドイツに身を持ってお返しします。というわけで、この10ヶ月間まさに髪の毛を振り乱しながらやってきました。10ヶ月の子を保育園に預けるとどうなるか? もちろん毎週のように病気をもらってきます。保育園には行けない、イコール私も学校に行けず、勉強は夜中の数時間。毎日ぐったりでした。何の為に、こんなストレスを抱えてまで勉強しているのか、分からなくなりました。しかしそんな次男も試験期間3日間だけは熱を出さず、試験が終わった日の夜から発熱、私の愛車も試験明けから故障して動かなくなるという、最後はみんなが私に息を合わせてくれました。テストの出来はイマイチでしたが、あの状況下でベストは尽くしたと思います。「結果はどうであれ、学んで損になる事は何もない」という父の言葉を胸に、残りの口頭試験も頑張ります。

rinph97_02

ミュンヘンに行ってきました。
もうクリスマスマーケットが始まる時期です。

 

rinph97_01

我が家の今年のアドベンツクランツ。
何とか間に合いました。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。