りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.02 ドイツの12月の楽しみ方

本年もよろしくお願いします。昨年12月、待てど暮らせど一向に一時帰国しない娘と孫に業を煮やした両親が、ドイツに遊びに来てくれました。ドイツの12月と言えば? という事で、ヨーロッパのクリスマスを楽しんでもらう事にしました。まずはクリスマスマーケットへ。夜に行くのが醍醐味ですが、凄い人でなかなか歩けません。私のお薦めは午前中。空いていてじっくり観られますし、寒さも許容範囲内です。しかし、温暖な岡山から来た父と母にはマイナス6度はキツかった!父はグリューワイン(ワインをシナモンなどの香辛料と煮詰めたもの)とトイレの往復をしていました。このワインを飲むと少し身体が温まるのですが、何といっても気温はマイナス、早く飲まないとあっという間にワイン自体が冷たくなってしまうのです。

クリスマスマーケットにて

rin9802

その他は庭園にクリスマスデコレーションが施されたお城を訪れたり、クリスマスツリー用のモミの木を買いに出かけたり、主人の両親を招いてみんなで典型的なクリスマス前のお茶をしたりしました。この時期どの家庭でも自家製のクリスマスクッキーとシュトレン(レーズンやアーモンドなどの入った日持ちのするケーキ)が机の上に並びます。イヴの12月24日にはキリスト教徒の夫に伴い教会のミサへ、その後は子供達の1年のハイライト行事が待っています。クリストキントという天使(アメリカなどのサンタクロースはドイツには存在しません)がプレゼントを家に運んで来るのです。この天使はとてもシャイで、子供達の姿が見えると逃げてしまいます。そのため子供達は運び込まれる間、自分の部屋のドアを閉めて静かに遊んでいなければなりません。どの子もこの時ばかりは、静かに部屋で遊んでくれます。親はこの間大忙しです。そしてクリスマスツリーの下にプレゼントが運ばれると、ベルと共に子供達がリビングになだれ込み、辺りはほんの数秒で破られた包装紙と子供の笑顔で溢れます。

翌25日は家族が集い、お昼にクリスマスランチと言うのが通常です。主人の実家の伝統料理は鴨の丸焼き。言うならば、日本のお正月がこちらのクリスマスです。さて、今年はどんな年になるのでしょう? どうか、我が家も世界も平和な年であります様に。

クリスマス誕生の意味を示すクリッペと呼ばれる物がツリーと共に飾られます

rin9803

 

義理両親宅でのクリスマスのティータイム

rin9801



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。