りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.05 リーダーになる日も近い!?

ある日、授業後に学童保育に通っている長男を迎えに行くと、遠くから息子が私を見つけ、泣きじゃくりながら走って来ました。それを追いかけるように、息子の友達がこれまた泣きじゃくりながら、そしてそのまた後ろを息子の友達4人が今にも泣きそうな顔をして追いかけて来ました。これは一体何事かと思い尋ねましたが、泣きじゃくっていて何を言ってるのかさっぱり分からないのです。

男の子同士で喧嘩でもしたのかしらと、少し落ち着くのを待って、もう一度尋ねると、なんと3年生をリーダーとする女の子軍団(息子の初恋相手を含む)にやられて泣いていたというのです。「おいおい、君達は男の子でしょう? やり返しなさい。」と言うと、さらにオイオイ泣きながら、「絶対無理だー!!」とそこにいた男の子全員が言うのです。とにかくリーダー格の女の子が強すぎて、その日もビンタやキックが否応無しに飛んで来たらしいのです。どんな子かと思い名前を尋ねると、以前にも息子を高い所から突き落とした子だと判明しました。

ドイツは日本と違って、子供達の問題は子供達で解決しなさいとは言いません、親が平然と早めに介入します。そのため、2回目はおば様許さなくってよ(笑)と、校庭で遊んでいるその子の方に歩み寄って行きました。「男子と揉める事はあるだろうけど、年下の1年生に暴力は良くないと思うわよ。」と言う私、すると「はあ??何で私だけこの人に叱られなきゃならないの?」から始まり、ああ言えばこう言うを15分ほど。すると私の怒りも頂点へ。残念だったわね、知ってる!? おばちゃんを怒らせると超怖いと巷で有名なのよ(笑)。最終的に、「今度うちの息子やその友達に少しでも手を出したら、学童の責任者の先生に言いに行くからね。喧嘩するなら同学年か年上の子としなさい、あなた強いんだから。分かったわね、次はないから。」とドスの利いた声で言い放つと、その子はそそくさと逃げて行きました。やれやれと思いながら後ろを振り返ると、男の子軍団が羨望の眼差しで私を見つめていました。えっ、おばちゃんは君達のリーダー? その日の学校の帰り道に息子が、「ママって、本当にクール(かっこいい)だね、それと僕はマレーネ(初恋相手)とは結婚しない事にしたから。」と言ったのです。しっかりしろ、男子!!

 

7歳のお誕生日会、テーマは海賊。先ずは皆で海賊帽子を工作しました。

 

そして宝物が隠された地図が子供達に手渡されます。

 

宝の在り処が書かれた手紙を見つけた子供たちは必死。可愛すぎ!



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。