りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.04 久々の故郷、日本

約2年ぶりに日本へ帰って来ました。3月半ばから仕事が決まった私は、ここで帰らなければ今年も無理だと判断し、長男の学校の1週間の休みと合わせ、2週間ほど日本へ帰国する事にしました。そのため長男の小学校に休暇申請を出したのですが、これがなかなか難しいのです。

幼稚園までは旅行はいつでもというスタイルだったのですが、義務教育の小学校に入学するとそれが一変。厳格なドイツだけあり、相当な理由(家族に不幸があったなど)がない限りお休みを頂けないのです。嘘をついてまではと思ったので、正直に校長先生に2年日本へ帰れていない事、私が仕事を始めると、息子達がまた当分祖父母に会えないとアピールしました。すると「これが最後です。」と念押しされましたが、特例で許可を出して頂きました。

よく聞く話に、学校に嘘をつき義務教育の子供を連れて休暇期間以外に旅行に行こうとした親が、空港の出入国管理で警察に捕まり、学校に連絡され、旅行がキャンセルになったというものがあります。犯罪者が国外逃亡するわけじゃなしと私は思ってしまうのですが…。とにかく念のため学校発行の特別許可書を手に、子供2人を連れて14時間のフライトに挑む事となりました。しかし許可が出て喜んだのも束の間、フライトの2日前から1歳の次男は発熱です。またよりによって航空会社に予約しておいたバシネット(壁に取り付け可能な赤ちゃん用ベッド。身長80㎝、体重10㎏まで)に何故か身長体重ともに規定内のはずの次男が、足を折り曲げないとベッドに横になれない事が判明。さらにムチムチの次男は、ベッドの横幅が狭すぎて右にも左にも向けず、ベッドに置くとすぐに目を覚ましてしまうという事態に。14時間ノンストップ抱っこが確定した瞬間でした。もうこうなったら薄暗い飛行機の中、日本に帰ったら食べたい物を頭に巡らせ現実逃避です。お寿司、お好み焼き、お刺身…と考えているうちに、一睡も出来ないまま日本へ到着しました。

そんな思いをしてもやっぱり故郷の日本は最高!  家族、会いたかった友達、美味しい食事、全てがそこには待っていました。子供達は念願の従姉弟にも再会出来、毎日大騒ぎです。もう数日ですが、日本を満喫します。

京都の鉄道博物館へ

渋川水族館にて初めてのヒトデと遭遇



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。