りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.06 ドイツでの就職

ドイツで就職して数ヶ月が経ちました。聞いてはいましたが、日本とドイツの働き方や就労環境の違いに驚きの連続です。まずドイツでは日本の様に、フルタイム=正社員、パートタイム=非正社員という方式は成り立たず、例えば私の場合も週20時間の月曜~木曜勤務ですが、正社員として雇われており、フルタイムの人と同じ社会保障が受けられます。その為、出産を機にフルタイムから労働時間を減らす女性がほとんどで、子供を持つ母親には非常にありがたい制度となっています。

 

もちろん、子供の手が離れるとフルタイムに戻すという事も可能です。ただ、日本よりもはっきりしているのが、試用期間の3ヶ月~6ヶ月中にお互いが合わなければ、会社側も従業員側もすぐに契約解除可能という事です。そして次に驚くのが、オフィスの広さです。想像して下さい、小学校の体育館半分くらいの広さの部屋に8人だけが席を置いています。また、ドイツにはオフィスで使用する机の大きさ、椅子の構造などにも規定があるため、日本の社長が座るようなとても大きな机と椅子、その机に接続する様にもう1つ机(合計2つの机)が、背面には自分用の棚が与えられています。とにかく隣の同僚まで遠いので、仕事上で相談があっても、ついつい電話をしてしまいます。これが効率的なのかどうかは、疑問ですが…。

最後にドイツの会社で欠かせないのが、大型コーヒーメーカーです。私の会社でも1杯ずつ豆から挽いて淹れてくれる数十万はするだろうコーヒーメーカーが設置されています。もちろん、1日何杯飲んでも無料。これがあるだけで、従業員の会社満足度が上がるとか。しかしドイツのコーヒーの濃さは日本とは比べ物になりません。私は朝、出社して1杯飲むのが限度ですが、主人などは会社でカプチーノ、カフェラテ、エスプレッソなどなど種類を変え平均1日4杯は飲むとの事。カフェインで従業員を覚醒させようとしているのですかね? とにかく仕事は始まったばかりです。これから私はどんな道を歩んで行くのでしょう。「昨日は過去、明日は未知の世界、だから今日を大切にしよう」と誰かが言っていました。「家族が1番」を忘れず、今日を大切に日々歩んで行きたいと思います。

毎朝の電車通勤で、このワイン畑が見えて来るとそろそろ会社に到着です。

ドイツの春の季節料理と言えば、白アスパラガス。専用のピーラーで皮を剥いて茹でて食べます。

四月なのに雪。寒い!



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。