りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.07 次男坊と鍵とチョコ

ついこの間、生まれたと思っていた次男が、今月で2歳になります。パパにそっくりでおとなしい長男と違い、次男は性格も顔も私にそっくり。兄弟で性格が正反対です。まるで私と主人の縮図を見ている様でたまに怖くなります。

 

そんな次男、普段は起きた瞬間からニコッとご機嫌なのですが、怒ると長男も震え上がるほどです。また自分が1歳児だと思っておらず、何でも自分でしなければ気が済みません。例えば、先日も子供達と家に戻り、ドアの鍵を開けようとする私を見て次男が激怒です。「自分で開けたいの?」と聞くと、「うん」と言うので、玄関前に長男と腰掛け、彼が鍵を開けるのをしばし待つ事に。どうせ開けられないだろうと思いながらも、鍵を取り上げると怒るのが目に見えているので、待つ事15分。案の定開けられません。そして長男が次男に「まだ~?」と聞いた瞬間、なんと鍵を投げ捨ててドイツ語で、「カプート!(=壊れてる!)」と言い放ちました。いやいや、鍵が壊れているのではなく、あなたの手先がまだそこまで器用ではないのだと思いますが…。長男と爆笑です。

 

また、ある日スーパーへ2人で買い物に行くと、数日前に長男が食べていたドイツの子供達が大好きな、卵型のチョコレート(中にオモチャ入り)が売られていました。長男が食べている時に欲しいと泣きましたが、まだ早いと思い与えませんでした。しかし、1歳児はしっかりそれを覚えていました。卵型のチョコの山に一目散に走り出し、後を追う私を振り切って1つ奪うと、ママに取られないように反対方向に猛ダッシュしました。そして私が追いつきそうになった瞬間、次男は床にうつ伏せに。よく見ると自分の手はお腹の下です。そうです、チョコを自分の体で隠して、顔も地面にべったり、死んだふりです。何度、次男の名前を呼んで、「起きなさーい!」と言っても無視。通りがかりのお客さんはみな大爆笑です。仕方がないので、抱き起こしてチョコレートを取ると、またもや猛ダッシュでチョコの山の方向へ。私も、またダッシュです。チョコを盗む、チョコを返すを数回しているうちに、今度は急いでチョコの銀紙を破って口へ…。もう、コントです。もちろん、最後はチョコと共にママに抱えられ、お互い汗だくでレジへ。誰かの小さい頃にそっくりだと母が言っていました。日々、大変な事もありますが、彼のお陰で我が家は毎日笑いが絶えません。とにかく元気に育つんだよ~、後はママとパパがフォローするからね!

 

お兄ちゃんの日本語学校の運動会でカメラマンとして活躍する次男。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。