りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.08 愛し恋しのポルトガル

ドイツの学校はとにかく休みが多いです。
4月にイースターで2週間の休みがあったと思ったら、6月にまた2週間の休み、夏休みが7週間、
続いて秋休みが1週間、そしてクリスマス休暇です。
共働きの親は、どうやって学校の休みを乗り切るか非常に頭を悩ませます。
夫婦が交互に有給を取ったり、民間の団体が主催するスポーツキャンプなどで何とか乗り切るのですが、
今回6月の休みは1週間有給休暇を使いポルトガル家族旅行へ、
後の1週間のうち3日は義理母に頼み、その後主人がまた有給休暇を使いました。

そのポルトガルですが、すっかりファンになりました!
私の中では、今まで行った国の中でベスト3の中に入り、ヨーロッパの中では断然1位です。
今回、首都のリスボンからポートワインで有名なポートに向かって宿を替えつつ
レンタカーで北上したのですが、どこのレストランも魚介類が新鮮でシンプルな味付け、日本人の口に合います。
そして、コーヒーの美味しさったら…。
1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーは世界一だと思うほどです。
リスボンでの朝食は、地元の常連のお年寄りで溢れる小さな古いカフェが気に入り毎朝通いました。
たっぷりのバターを塗ってこんがり焼いた焼き立て厚切り食パンと、淹れたてのコーヒーのセットで300円ほど。
黒いパンが主食のドイツではお目にかかれない分厚いトーストに、ひとり涙ぐみました。
このカフェでも次男はお年寄りに大人気。積極的に皆さんとコミュニケーションを取っていました。
「ハロー」と言えば皆さんが「ハロー」と返してくれるのに味をしめた次男、
次なる手とばかりに唯一喋れる日本語(長男が教え込んだ)「オッパイ」を連呼、
優しいお年寄りの方々は、アジアではオッパイには挨拶の意味があると思ったのでしょう、毎回ハッキリとした発音で「オッパイ」と返していただき、お店は「オッパイ」の大合唱。申し訳ない…。
リスボン滞在の終盤には、次男は毎朝キスの嵐の中彼らのテーブルで朝食をとっていました。
ヨーロッパ旅行をするなら、是非一度ポルトガルにも足を運んでみて下さい。

 

リスボンの道は狭くて階段多し

 

ヨーロッパ最西端

 

ポートにて。写っている橋はエッフェル塔と同設計者。確かに似ている。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。