りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.10 ドイツの有給休暇とは

我が家はただいま、2週間の夏の家族旅行中です。長いと思われるかもしれませんが、ドイツでは至って平均的です。多くの人が2〜3週間連続の有給を取りますし、主人が勤める企業などでは、1ヶ月連続の有給も可能です。さらに、「休暇中=プライベートな時間」という考えが浸透しているため、メールのチェックはもちろん、会社の携帯が鳴っても電話に出ません。そしてそれを咎める人もいません。また、最近主人から聞いて驚いたのは、人によっては休暇中に入ってくるメールを、自動メッセージで「只今、休暇中のためメールを読む事が出来ません。」に続けて「そのため休暇中はメールを自動削除します。御用のある方は、休暇後にメールを下さい。」という文面が入っているそうです。休暇中のメール自動削除機能も会社が認めているそうです。ここまで来ると、あっぱれですよね。 そこでいつも行き着くのが、何故日本ではそれが可能では無いのかという疑問です。日本で働いていた時、1週間の有給となると、どれだけ周りに気を遣い肩身の狭い思いをしたか。両国で仕事量に差があるかと言われれば、そうは思いません。ただ、一つ言えるのはドイツでは「Vertreter=代理人」という制度がしっかり確立されている事です。例えば、A社員が有給の時は同じ分野のB社員が仕事を代理するという制度です。あらかじめパートナーが決められており、休暇前に引き継ぎをしているので、長く有給を取っても担当者不在とはならないのです。ドイツ人曰く、1年間で数週間、有給を取って自分の時間を持つのは、働いている者の当然の権利。
日本でも声高々にこう言える日が来ると良いですね。

今年も休暇中1週間は南チロル地方で日々トレッキングを楽しみました。

 

こんな場所で走り回れる動物も幸せだろうな…。

去年に続き、今年も農場付きの宿へ。長男は家畜のお世話をよく手伝っていました。

鶏小屋のお掃除。この後、長男は鶏を胸に抱きチュッ。ママには真似出来ない…。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。