りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.11 結婚記念日

先日、17回目の結婚記念日を迎えました。結婚して10年を過ぎた頃から、お互いに結婚記念日を忘れるという状態がここ数年続いていました。しかしこんな状態ではいけないと思ったのか、今年は主人が子供をベビーシッターに預け、食事に行こうと計画してくれました。

レストランに着くとテーブルには事前に主人が用意した花が生けられており、良い気分で何を注文しようかメニューを眺めていると、隣の席に2組の中年のカップルが座りました。そして、私の方を1人の男性がチラリと見たと思うと、こんな話を隣の席で始めました。「知ってる? 中国ではスープをこうやって音を立てて飲むんだぜ、うるさいったらありゃしない。」と、いかにも私に聞こえるように大きな声で言うのです。私を中国人だと勘違いしてるなと思いながらもメニューに目を落としていたのですが、そこから延々大きな声で自分が経験した「ここが変だぞアジア」が延々続いて耳障りなので、私も大きな声で主人に「ドイツ人ってさあ、時々アジア人はみんな中国人と思っている人いるんだよね。アジアの中には中国以外に幾つかの国があるか学校で勉強しなかったのかしらね?ついでに、何回か訪れただけで、アジアの全てを知っていますみたいな人、私、大嫌い!!」と言うと隣の席がシーンと静かに。主人がそれを見て大笑い。

いつからそんな切り返しが出来るようになったのかと聞くので、「あ〜ら、この17年間、夫婦喧嘩した時にあなたからしっかり学ばせてもらったのよ。」と可愛げのない返事をしておきました。ただ、久しぶりの2人でのデート、美味しいものを食べて飲んで、取り留めのない話をしながら、手を繋いで家まで帰り、何だか幸せな気分に浸りました。

何を探しているでしょう?

正解はドングリ。 これをどうするかと言うと…

森の中で飼われているイノシシに持って行ったのです。 凄い勢いで食べてました。

 

森の中は今、キノコだらけ。 こんなに可愛いのにこれは毒キノコ。



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。