りんさんのコラムでも書いてみよう

ドイツ発岡山~倉敷経由でおくる、Classsが誇る珠玉のエッセイ。


タイトルを選ぶ
□2017.12 ピアノの発表会
□2017.11 結婚記念日
□2017.10 ドイツの有給休暇とは
□2017.09 子育てとは…?
□2017.08 愛し恋しのポルトガル
□2017.07 次男坊と鍵とチョコ
□2017.06 ドイツでの就職
□2017.05 リーダーになる日も近い!?
□2017.04 久々の故郷、日本
□2017.03 長男、パワーアップ!
□2017.02 ドイツの12月の楽しみ方
□2017.01 踏ん張り時
□2016.12 こんなに違う教育システム
□2016.11 イタリア南チロル地方への旅行
□2016.10 深夜3時の足音
□2016.9 巡り合い
□2016.8 躾の違い
□2016.7 かたくてやさしいドイツのパン
□2016.6 遊びながら学ぶ?
□2015.5 ダンスの神、降臨!?
□2016.4 小学校入学への長い道のり
□2016.2_3 ドイツの保育事情
□2016.01 驚愕の昼食
□2015.12 バイリンガルの現実
□2015.11 一年半ぶりの日本
□2015.10 アラフォー女子の反省
□2015.09 ドイツ出産記 後編
□2015.08 ドイツ出産記 前編
□2015.05 結婚して何年目でしたっけ?
□2015.04 春と花粉と妊婦
□2015.03 合理的がお好き?
□2015.02 テレビと子供の距離
□2015.01 来たる! 5の倍数の年!
□2014.12 海外の相
□2014.11 モテ女になる! それから
□2014.10 相棒はテディ
□2014.09 ゲルマン民族としての夕食
□2014.08 名字マニア
□2014.07 空港でおばちゃまパワーと息子の成長を思う

2017.12 ピアノの発表会

先日、長男の初めてのピアノ発表会がありました。日本では、幼い頃から楽器を習い始めますよね、私もピアノを始めたのが3歳の時でした。しかし、以前にも書きましたが、ドイツでは3歳から楽器を習い始めるなんて考えられません。

まず、幼児教育として歌やリズムに慣れ親しむ教室、それから1年かけて色々な楽器を体験出来るコースに通い、やっと子供自身が自分で演奏したい楽器を決めるのが7歳頃です。そのため、ピアノやバイオリンが主流の日本に比べ、長男の元クラスメイトはウクレレ、ギター、バイオリン、縦笛などみんなバラエティーに富んだ楽器を習っています。管楽器に関しては肺機能を考慮しているのでしょう、10歳くらいにならないと始めることが出来ません。重要な事は、親が何を習わせたいかではなく、子供がどの楽器を習いたいかと言う事の様です。「子供も一個人」、非常にドイツらしいなと思います。レッスンについては、プライベートレッスンよりも、市が運営している公立の音楽学校に通うのがドイツでは主流です。息子は運が良い事に、そこで日本人の男性の先生に巡り合いました。私の幼い頃のピアノレッスンの思い出と言えば、ヒステリックに私の手を叩き続ける先生です。レッスン前はよくお腹が痛くなっていたのを覚えています。同じような経験をされた方も多いのでは!? それに比べ息子の先生はおおらかな方で、小さな事は気にしない!! 息子も先生が大好きです。

さて、発表会ですが、音楽学校の大きなホールで行われました。予想はしていましたが、参加者は男女問わず普段着。息子以外、ほぼ全員Tシャツにスニーカーでした。日本の、あのきらびやかなドレスが懐かしい! 楽曲についても、日本の発表会のように、自分の実力より難しい曲を与えられる事はありません。いま習っている教本の中から選曲された物を、楽譜を見ながら演奏している子が多くいました。考えてみれば発表会とは、どれだけ難しい曲が演奏出来るかを発表するものではなく、こんな曲を今、習っていますという発表だと思うので、これが本来の形なのかなと。我が家の長男、最後の辺りで間違ってしまい終われなくなりましたが先生の助けもあり何とか完奏しました。ドンマイ、頑張れ!!

 

緊張の面持ちで弾き始める長男

 

発表会後、 先生のご厚意で グランドピアノを 触らせてもらえた次男



★りん(倉敷市出身)
ぼっけー岡山人の私が、ビールとソーセージをこよなく愛するドイツ人と結婚。
かっぱ巻き命の長男に、オッパイ命の次男が加わり4人家族になりました。