TOP >  English Classs Room >  Happy holidays!(楽しい休暇を!)

Happy holidays!(楽しい休暇を!)

12月の定番挨拶は「Happy holidays!」でトラブル回避!

この時期になると街はクリスマス一色! ……でも「日本のクリスマスってかなり変!」というのが日本を訪れる欧米人に共通するご意見です。というのも……

1・クリームいっぱいのクリスマスケーキにびっくり!
かわいくデコレーションされたクリスマスケーキ。実はこれ日本独自の習慣です。しかも誕生祝いでもないのにろうそくを立ててお祝いする光景に大爆笑する外国人多し。

2・何でお祝いなのにフライドチキン?!
欧米でフライドチキンはいわゆるファーストフード。ごちそうでお祝いするのが一般的(ここでも前回紹介した七面鳥の丸焼きが登場する確率高し)なので、ケン○ッキーの前に行列ができる光景は摩訶不思議。お正月のメインが吉○家の牛丼と聞いたらどう思います?! あちらの方にとってはそんな感じです。

3・クリスマス=恋人とのビッグイベント?!
欧米ではクリスマスは聖なる夜として家族と一緒に過ごす大切な日で、大晦日や元旦は友達や恋人と、というのが普通。「クリスマスを家族と過ごさない」なんてよほど家族とうまくいっていないのだろうと同情されるでしょう。

そして一番不可解なのが「どうしてキリスト教でもないのにクリスマスを祝うの??」ってことではないでしょうか。人種や宗教の公共性にうるさいアメリカでは「Merry Christmas!」の代わりに「Happy holidays!(楽しい休暇を!)」というのが主流です。キリスト教以外の人に「Merry  Christmas!」なんて喧嘩を売っているようなもんですから(^^;)

とは言え私も日本人、お祭り化したJapanese Christmas大好きです(笑)
ではみなさん、また来年お会いしましょう!Happy holidays!

♡ holidayとvacationはどちらも休暇という意味ですが、holidayは祭日や祝日、 vacationは学校や仕事の休み・夏休み・旅行という意味合いで使われます。



★Mrs. きゅ~ちゃん(Classsメイト)

広島県出身。倉敷市在住。
アメリカの大学に進学し、帰国後は某英会話スクールの講師に。
現在は地区公民館で子ども達に英会話を教えている。